1987年12月17日(木) ボンベイ3日目

ボンベイの漁師
ボンベイの漁師

 今日は1日よく歩いた。G.P.O(郵便局)へ絵はがきを出しに行き、ついでに切手を余分に買う。その後クイーンズ・ネックレスと呼ばれるバック・ベイ沿いの海岸まで出て、ジャイナ教寺院をめざして歩く。途中フルーツの盛り合わせ(3ルピー)を食べ、3人の漁師が地引き網をあげるのを見物する。大漁とはいえないが小魚がけっこうかかっていた。

 

 寺院の手前で昼食にベジタリアンのターリーをとる。小皿におかずが種類多くあり、とてもおいしく食べる。寺院に行った後、その丘の上の公園まで行く。アベックや子供達の遠足らしき団体がたくさんいる。みんな揃いのユニホームを着てきれいな顔をしている。インドもこの子たちが大きくなるにつれ変わってゆくでしょう。

 

 公園からは湾の外側のアラビア海が望めた。丘を下りバスと電車でチャーチゲイトの駅まで戻り、オベロイ・ホテル近くの公園で休む。日没まで時間があるので、オベロイのショップを覗いたあとティーショップへ。ケーキとコーヒーで37ルピーと値段もよい。大学時代の友人にハガキを書くうちに夕陽が赤く燃えだす。外のベンチに座り、日没後の空と海の美しい変化をじっとみる。

 

インド門画像検索より
インド門画像検索より

 その海岸からホテルへ戻るのに少々迷い歩き回るうち、クリスチャンという少々みすぼらしいがやさしい顔をした男が「どこへ行きたいのか」とたずね説明をうけるうちに、一緒に連れて行ってあげるという。

 

 バザールの中なども案内してくれ、何かと説明してくれる。場所が分かったあたりでレストランに入り、2人分の食事で15ルピーという安あがりの夕食。

 

 勘定をするあたりで、彼の貧しさゆえの心の曇りがみえる。それは僕ではなく彼の中における葛藤のようだ。僕の話しかけることに対し少々鈍くなり何か考えている。ホテルに近づく前に3色ボールペンをあげるが、それ以外に10ルピー欲しいという。

 

 食事かお茶をご馳走し、彼の親切にお礼を言って気持ちよく別れるというのは、僕の今までの経験から描かれた物語であって、それを彼に強要することはできない。

 

 親切なのか、貧しいのか、厚かましいのか。親切であり、貧しくもあり、厚かましくもある。この国にはいろんな人が生き、暮らしている。

 

NEWS&TOPICS              新着情報のご案内

2019.11.13

まんだら第136号

「第一の本尊」

 

2019.10.30

今月の行事(11月)

「どびん岩参拝」

季節の行事

 

2019.10.27

いわみん vol.12

イベント紹介

 

2019.10.26

はまだ灯2019

はまだを明るく照らし隊

 

2019.10.20

第738回お会式法要

活動アルバム Activity album

  

2019.09.25

よろこび法話

「功徳を積もう」

 

2019.09.24

秋季彼岸法要

活動アルバム Activity album

 

2019.09.13

Chapter 9

Learning the Lotus Sutra