第一の本尊(龍泉寺の本尊)

   日蓮聖人が弘安4年5月15日に顕わされた大曼陀羅の写し
   日蓮聖人が弘安4年5月15日に顕わされた大曼陀羅の写し

日蓮聖人が『観心本尊抄』に

「一閻浮提 第一の本尊 この国の中に立つべし」

とご書顕され『諸法実相抄』にも

「一閻浮提 第一の本尊 を信じさせ給え」

と念押しされている

 

この大曼陀羅の右下には日蓮聖人の御手により目的・主旨が讃文として以下の様に書かれている。

 

「如来滅後於閻浮提内未曾有第一之

       大曼陀羅本門寿量佛

             本尊也」

(如来の滅後 閻浮提の内に未曾有第一の

         大曼陀羅本門寿量佛の

               本尊なり)

 

〒697-0026 島根県浜田市田町18-1 日蓮宗 陽光山 龍泉寺
Copyright (c) 2008 RYUJUKAI.All Rights Reserved.
このサイトで使用している画像・文章の一切の転載を禁じます。

NEWS&TOPICS              新着情報のご案内

2019.09.13

Chapter 9

Learning the Lotus Sutra

 

2019.08.30

今月の行事(9月)

イベント紹介(10月)

はまだ灯2019

 

2019.08.29

まんだら第135号

寺報9月ご案内

 

2019.08.23

Chapter 8

Learning the Lotus Sutra

 

2019.08.18

法務アローン

(住職ブログ)

 

2019.08.08

本門の戒壇(図)

龍泉寺インド別院構想

  

2019.07.30

Chapter 7

Learning the Lotus Sutra