2013-07-06

どうして今生、人間としてこの世に生まれてきたか?

 

ひとつは、自分が仕出かしたことの償いの為。

 

そしてもうひとつは、自分を磨く為。

 

何故なら、この体に宿る魂の本質は、久遠の仏のいのち、無限の可能性。

 

自らの行いで修正しつつ、この世に仏の世界を顕わすことが成仏。

 

その指南書が法華経でありお題目の信仰と受け止める。

 

   まわりの人を愛しなさい

 

   つらい仕打ちを許しなさい

 

   ちっぽけな自分を忘れなさい

 

仏様の大切な教えである。

 

 

NEWS&TOPICS              新着情報のご案内

2019.07.14

第一の本尊

(龍泉寺の本尊)

 

2019.07.01

今月の行事

(各種サービス)

 

2019.06.29

まんだら第134号

「衆生所遊楽」

  

2019.06.20

清正公夏祭りポスター

 Seishoko summer festival

 

2019.06.18

法務アローン(住職ブログ)

2019.06.18

 

2019.06.13

English(under construction)

Chapter6