2013-10-10

昨日から1泊2日で法華経の勉強会。

 

県内の日蓮宗の青年僧から老僧まで集まり、講師をお招きし、

 

今日が30回目、その最終回であった。

 

独学でなく、師から学ぶことによって理解が深まる。

 

特に仏教に於いては理屈でなく体験を通した教えが必要である。

 

それは、僧侶が人々に対して教えを説くのも同じこと。

 

自らの体験を通して目の前の人の苦を抜き、楽を与えるのが僧侶の本当の仕事。

 

その為に必要なのは、僧侶は本堂でお経を読むことと強調された。

 

お昼で解散し、松江から帰ってきて檀家さんの祥月命日のご回向へ。

 

そして、お寺に戻りそのまま本堂へ上がって読誦行。

 

法華経二の巻で譬喩品と信解品。

 

今日は不思議と一一文文、正念の読誦行が出来た。

 

きっと諸仏諸菩薩諸天善神が、耳を澄ませて聞いて下さったのであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NEWS&TOPICS              新着情報のご案内

2019.07.14

第一の本尊

(龍泉寺の本尊)

 

2019.07.01

今月の行事

(各種サービス)

 

2019.06.29

まんだら第134号

「衆生所遊楽」

  

2019.06.20

清正公夏祭りポスター

 Seishoko summer festival

 

2019.06.18

法務アローン(住職ブログ)

2019.06.18

 

2019.06.13

English(under construction)

Chapter6