2013-12-17

仏様の慈悲を抜苦与楽という。

 

苦を抜くとは、一緒に涙を流す母親の悲しみの愛。

 

楽を与えるとは、みんなを幸せにする父親の慈しみの愛。

 

ふと本棚に目をやり、ページを開くと金子みすずの詩に出会う。

 

 

      「さびしいとき」

 

 私がさびしいときに、よその人は知らないの。

 

 私がさびしいときに、お友だちは笑うの。

 

 私がさびしいときに、お母さんはやさしいの。

 

 私がさびしいときに、仏さまはさびいしいの。

 

 

 

仏様はいつも身近にいて、苦楽を共にしてくれる。

 

そのことに気付いてとささやく声がする。

 

 

NEWS&TOPICS              新着情報のご案内

2019.07.14

第一の本尊

(龍泉寺の本尊)

 

2019.07.01

今月の行事

(各種サービス)

 

2019.06.29

まんだら第134号

「衆生所遊楽」

  

2019.06.20

清正公夏祭りポスター

 Seishoko summer festival

 

2019.06.18

法務アローン(住職ブログ)

2019.06.18

 

2019.06.13

English(under construction)

Chapter6