2013-12-17

仏様の慈悲を抜苦与楽という。

 

苦を抜くとは、一緒に涙を流す母親の悲しみの愛。

 

楽を与えるとは、みんなを幸せにする父親の慈しみの愛。

 

ふと本棚に目をやり、ページを開くと金子みすずの詩に出会う。

 

 

      「さびしいとき」

 

 私がさびしいときに、よその人は知らないの。

 

 私がさびしいときに、お友だちは笑うの。

 

 私がさびしいときに、お母さんはやさしいの。

 

 私がさびしいときに、仏さまはさびいしいの。

 

 

 

仏様はいつも身近にいて、苦楽を共にしてくれる。

 

そのことに気付いてとささやく声がする。

 

 

NEWS&TOPICS              新着情報のご案内

2019.11.21

Chapter 10

Learning the Lotus Sutra

 

2019.11.13

まんだら第136号

「第一の本尊」

 

2019.10.30

今月の行事(11月)

「どびん岩参拝」

季節の行事

 

2019.10.27

いわみん vol.12

イベント紹介

 

2019.10.26

はまだ灯2019

はまだを明るく照らし隊

 

2019.10.20

第738回お会式法要

活動アルバム Activity album

  

2019.09.25

よろこび法話

「功徳を積もう」

 

2019.09.24

秋季彼岸法要

活動アルバム Activity album