2016-10-14

釈尊成道の聖地ブッダガヤーの菩提樹の下で

 30歳になった時、勤めていた会社を辞めてインド放浪の旅に出た。

六年半のサラリーマン生活、繁忙期は残業100時間を超える月が続き、自分の目的を見失った時、インドというカオスに救いを求めた。

 

 たどり着いたオールドデリーの安ホテルで眠りから目覚めた時、途轍もない開放が魂に降り注いだ。今日から僕は自由だ!そしてここは明るい光に満ち溢れた浄土だと。

 

 今思えば、人は人生の中で極楽浄土を見るのかもしれない。葛藤に満ちた自らの煩悩の中で、生きることの本当の意味を悟ることができる。煩悩即菩提 生死即涅槃、そして娑婆即寂光が釈尊最期の法華経の教えだから。

 

「浄土と云い穢土と云い土に二つの隔てなし」穢土の衆生は釈迦を仰ぎ、極楽浄土の衆生は阿弥陀如来を見る。「豈に伽耶を離れて別に常寂を求めんや。寂光の外に別に娑婆あるに非ず」誰もがそれを感見することを、「無作三身の覚体現れ常寂光土現前せん」と先師は教えてくれている。

 

 

NEWS&TOPICS              新着情報のご案内

2019.07.14

第一の本尊

(龍泉寺の本尊)

 

2019.07.01

今月の行事

(各種サービス)

 

2019.06.29

まんだら第134号

「衆生所遊楽」

  

2019.06.20

清正公夏祭りポスター

 Seishoko summer festival

 

2019.06.18

法務アローン(住職ブログ)

2019.06.18

 

2019.06.13

English(under construction)

Chapter6